Researches- Drone

我々は,救急車に先駆けて到着し,救急管制への状況の連絡や,AEDなどの携帯型の医療機器による初期治療を行う「救急ドローン」を開発し救命率を向上させることを目指している.
ドローンは,道路渋滞の影響を受けず,物流や救助など様々な分野での利用が期待されているが,上空を多くのドローンが飛行するようになると,衝突の危険性が増加し,高速で飛行させることが困難になることが予想される.
そこで我々は,ドローン飛行網の設計および飛行網上を飛行するドローンを管制するシステムを構築する上で重要となる,高精度な位置推定手法の構築を進めてきた.

 

空路

 

▲飛行網の例

レーザレーダ

 

▲地表面の断面形状の取得

 

国際会議論文

  1. [PDF] [ドローン] Masatoshi Hamanaka: “Deep Learning based Area Estimation for Unmanned Aircraft Systems using 3D Map”, Proceedings of 2018 International Conference on Unmanned Aircraft Systems (ICUAS2018), pp.416-423, June 2018.

国内会議論文

  1. [PDF] [ドローン] 浜中雅俊: “ディープラーニングに基づくドローン飛行エリアの推定 II ”, JSAI2018 人工知能学会全国大会第32回, 2M3-01, June 2018.
  2. [PDF] [ドローン] 浜中雅俊, 小田雄一: “ディープラーニングに基づくドローン飛行エリアの推定”, JSAI2016 人工知能学会全国大会第30回, 3E4-5, June 2016.
  3. [PDF] [ドローン] 浜中雅俊, 中野不二男: “ドローンの自動運転・管制を実現する位置検出手法: ディープラーニングに基づく飛行エリアの推定”, 第78回 情報処理学会全国大会, 3B-05, March 2016.
  4. [PDF] [ドローン] 浜中雅俊, 塩見 英樹: “ドローン飛行網の最適設計手法”, 第78回 情報処理学会全国大会, 1B-04, March 2016.